お口の「バイオフィルム」って何?徹底予防のカギ


Ozospa balancing oral care system

虫歯、歯周病、口臭の徹底予防に 「バイオフィルム」 が鍵

 

虫歯の原因は、何でしょうか?そして歯周病、口臭が減らない原因は・・?

「バイオフィルム」という言葉は聞きなれないかもしれません。バイオフィルムとは、虫歯、歯周病、口臭の原因菌が棲みつき、数を爆発的に増やすことができる場所です。ここには、私たちにとって都合の良い菌も都合の悪い菌も、一緒に住んでいます。

Ozospaのオーラルケアシステムとは、この「バイオフィルム」の中の菌のバランスを、良い方向へもっていくシステムです。何事も、バランスが大切ですね。

 

 

(字幕入りは、間もなく完成します。是非以下の文章を参考に、内容をご確認ください。)

 

ビデオの内容

 

歯科医として、たくさんの人たちからいつも聞かれるのです。

「歯ブラシやフロスなど、使えるものは何でも使っているのに、どうして虫歯が増え続けてしまうのか、歯周病、口臭がするのですか?」

・・一般的な質問です。

 

子供たちのために、あれこれ努力してるのに。実際、言われたこと何でもするのに・・・

いったい何が起こっていて、何が原因なのでしょうか。

 

これらの原因は「バイオフィルム」

具体的にいうと、悪質なバイオフィルムにあるのです。

 

バイオフィルムとは、ばい菌の街のようなものです。

 

人間の体にあるバイオフィルムの大半は皮膚、口の中、下部消化管に住んでいます。

問題は、良いバクテリアが死んで、悪いバクテリアが増えときに起こり始めます。

バイオフィルムにバランスの崩れが起きた時、それはあなたの口の中で問題が起きているときです。

 

例えば、雑草がたくさんありすぎて、伸びる必要のある草が少なすぎたら

(雑草は負けて、草は伸びません。)

 

そして、病気が起きます。

 

バイオフィルムがあることは自然なことですが、悪質なバイオフィルムがあることが問題なのです。

 

まず初めに、口の中のバイオフィルムがどんな風になっているのか、見てみましょう。

私たちが見ているのは、実際の口の中にいる残された少量のバクテリアです。これらのバクテリアは二倍になり、混合するなどして徐々に大きくなっていきます。

そして、すべてが増大して立派なばい菌の巣窟になるのです。

あなたが歯磨きや口の中をきれいにした後、完全なバイオフィルムの層が再びできるまで、たったの8時間しかかかりません。

 

一般的な口の中のバイオフィルムから起こる3つの問題は、虫歯、歯周病、口臭です。

 

虫歯は何が原因なのでしょうか。

虫歯は歯磨きの不足やフッ化物の不足などで、起きるものではありません。

悪質なバクテリアが増えすぎることが、問題なのです。

 

これらのバクテリアは砂糖をエサにして発酵、ネバネバしたものを混ぜながら酸をつくります。

この酸が歯を溶かして、虫歯になるのです。

 

そのほかのバイオフィルムの病気は、歯周病です。

特定のバクテリアたちは、私たちの歯茎や骨、歯を守ってくれます。

そして一部のバクテリアは私たちを攻撃し、炎症を起こします。

私たちの体は、このような悪質なばい菌を好まないので、反応を起こし始めます。

 

悪質なばい菌が歯の周りの歯肉のラインに溜まったとき、体が反応し、骨を壊したり歯茎に炎症を起こします。この時に歯茎から血が出たり、腫れ上がったりします。

これらバクテリアの毒素、炎症反応は血液によってからだ中を巡り、他の部分にまで病気を引き起こします。

 

口臭は、今お話した2つの事が組み合わさって起こります。

口の中にべとべとした腐った食べ物(プラーク)がたくさんあって、歯ぐき、口の周り、口の中などに悪質なバクテリアがたくさんいたら、どうなると思いますか?

悪臭を放ちます。

 

これが口臭です。

たくさんすぎる悪質なばい菌が、食べ物や死んだ細胞、残骸を朽ち果てさせます。悪質なばい菌は、そこにいてはいけないのです。

 

では、ばい菌の街の中では何が増え続けているのか、という疑問が浮かび上がってきます。

 

良いものなのでしょうか、それとも悪いものなのでしょうか。 

バランスがとれているのでしょうか、それともとれていないのでしょうか。

 

何がばい菌の街の中で増え続けているのかといえば、それはバイオフィルムが育つ「環境」。

私たちが作り出している口の中の環境で、それは決定づけられています。

 

口の中の環境は、良いバクテリアが育つのにもっと先導的で有益なものです。

たくさんの酸素があって、つるつるで、アルカリ性、中性の環境は、良いばい菌を取り戻す「環境」になります。

もし口の中が乾いていたり、酸性だったり、酸素がなかったりすると、想像してみてください。悪い菌が育ってしまい、良い菌がその環境の中で生きられなくなってしまいます。

 

口の中の環境が良い方向に変化すればするほど、バイオフィルムが良い方向に変化します。

 

環境が悪ければ、悪質なバイオフィルムができてしまいます。

歯ブラシやフロスなど口の中を綺麗にするものを使うことは、汚れや悪質なバイオフィルム、口の中に残った食べ物を減らすのでとても大切です。

口の中に残ったたくさんの腐った食べ物にばい菌が繁殖して「大丈夫ですよ。」とは言えないのですから

口の中を綺麗にすることは、とても重大なことなのです。

あなたは、口の中をキレイに掃除しなければいけません。

 

でも、ここまでで良い環境を作るプロセスは50%しか終わっていません。

 

というのは、いくら頑張って口の中の汚れをキレイにしても、たくさんのバクテリアは残ってしまい、8時間後にはまた完全なべとべとしたバイオフィルムの層ができてしまうからです。

環境が良い方向に変化すればするほど、バイオフィルムは良い方向に変化していきます。

 

いつも口の中が潤っているか、唾液が出ているか、確認してみてください。

唾液にはたくさんのミネラルが含まれていて、様々な働きをしてくれます。

唾液には炭酸水素塩が含まれています。これは、酸を中和する働きがあります。前にも説明したように、酸は悪質なバクテリアを育ててしまうなど、歯に悪影響を及ぼします。

唾液はカルシウムとリン酸塩も含んでいて、酸にやられてしまった歯を再石灰化する働きがあります。

さらに、私たちは抗体を唾液の中に持っており、これは口の中に残されたバクテリアを殺して数を減らす働きがあります。

 

たばこやアルコール、カフェインの取り過ぎが原因で口の中が乾燥し、唾液が少量しか出ない人たちはいつも、口の中の問題を抱えています。

 

私たちの仕事は、唾液が出るのを活性化させる事と、唾液の働きを向上させるように導く事です。

唾液の働きをよくさせるためにできる事は、重曹で口をゆすいだり、チーズや野菜、ナッツを噛んだりすることです。

 

そして、もうひとつの方法。

 

それは、自然な唾液の働きを向上させるために開発された、OZOSPA SYSTEMの製品を使っうことです。OZOSPA SYSTEM の製品は歯を自然に守り、バランスを整えるために作られました。

一回バランスを作ったら、そのバランスは留まるわけではなくいつも変化するので、このバランスを保たなければいけません。そして、どのように変化しているのかを、見分けなければいけません。

 

有益なスタートに、OZOSPA ORAL CARE SYSTEMを使ってみましょう!