下がった歯茎を回復させる4つの自然な方法


tooth-1015404_640歯茎が下がって困っていませんか?

実は私は1本、他に比べて歯肉が退縮した歯があります。恥ずかしながら、最近までずっと気づきませんでした。

 

歯茎を元に戻すためには、外科的な処置が一般的には行わます。私の場合審美的にはほとんど問題はなく、また歯茎が下がったことによって知覚過敏などの症状もありませんが、気になっています。

今回は下がった歯茎を回復させるナチュラルな方法があることを、英文の情報で見つけたのでご紹介します。

 

 1. 歯茎が下がる4つの理由

1-1. 熱心な歯磨き

 

歯の汚れプラークは歯茎との境目につくので、この部分をゴシゴシと力を入れて強く磨きがちです。

歯ブラシの毛が固かったり、毛が普通の固さでも力を入れすぎると、歯茎はやがて下がっていきます。私の場合は、ある一本の歯。左の下顎のある歯なのですが、この歯は自分にとって、歯磨きの際に歯ブラシを口の中に入れて最初に磨き始める歯のようです。場所的に、一番磨きやすい部分。そのために、無意識に長年にわたって力を入れすぎて磨いていたのです。

熱心すぎる歯磨きは、歯茎を下げる大きな理由です。

 

また力が集中的に加わって歯茎にダメージを与える点では、歯ぎしりや噛み合わせによる部分的な加圧も同様に、歯茎を下げる原因になります。

 

1-2. 年齢、進行する歯周病

0167055011

 

歯茎が全体的に下がることは、年齢的な変化と共に自然に起きることです。

しかし、年齢に加えて歯周病が加わると、歯茎は炎症を起こして歯茎をさらに退縮させていきます。

 

炎症が起きている歯茎は腫れることが多いので、一見歯茎にボリュームが増したようになることもあります。しかし歯石を除去するなど治療をした後に歯茎の炎症が治まり引き締まると、歯茎が急に下がったように見えることになります。

 

 

 

 

1-3. 矯正治療

 

すべての矯正治療に当てはまるわけではありません。

私自身、成人直後に歯科矯正を行いました。その後、歯茎が全体的に下がったことは事実です。歯周病の実習のときに、先生に笑われた苦い経験があります。若い人の歯茎ではなく、高齢の方の歯茎のように退縮していると…

とくに歯肉炎や歯周病があったわけでは、決してありません。

矯正治療では、歯に力を加えて動かします。その力に理論的には問題がなくても、骨や歯茎の薄さなど、個人差があり影響を与えることがあることは否定できません。

 

1-4. 喫煙

 

喫煙は、歯茎の退縮を含む歯茎のトラブルに深くかかわっています。

歯周病をはじめ、歯茎が下がって気になる喫煙者は、喫煙をやめる必要がある可能性が高いといえます。

 

 

 2. 下がった歯茎を回復させる4つのナチュラルな方法

 

退縮した歯茎を元に戻すことができる方法は、こちらで紹介されていました。These 4 natural remedies will repair receding gums

自分では実際に試したことがないので真偽のほどはわかりませんが、試してみる価値はあると思います。もちろん、強すぎる歯の磨き方が原因なら、それをやめることです。歯周病が原因ならば、炎症を起こさないように原因菌を減らすことが大切です。

 

2-1. お茶

plantation-945400_640

 

アメリカの歯科医師会で公開された日本の研究によると、日常的な歯と歯茎の健康のために、緑茶が有効であることがわかっています。

歯周ポケット、アタッチメントロス(歯肉上皮とセメント質の付着喪失)、歯茎からの出血の3つに改善がみられました。毎日緑茶を飲む被験者による、研究結果です。

 

 

 

 

2-2. アロエ

 

インドの歯周病ジャーナル誌は、アロエを歯周病を癒すものとして挙げています。

研究では15の項目について評価を行った結果、アロエベラゲルを経口投与した場合、様々な歯周疾患の重症度が低下することがわかりました。アロエの葉を割ってその果肉を歯茎の上に乗せて使う、というわけではありません。アロエ入りの歯磨き粉、マウスウォッシュ、ジュースなど様々なアロエ製品を使うことができます。

 

2-3. ユーカリ

 

ユーカリは、歯茎の病気と闘ってくれる抗炎症剤として、大変素晴らしいものです。

歯茎が下がるという症状が現れるときに存在するバクテリアを、殺菌します。以下のレシピで、マウスウォッシュが作れます。

 

・小さじ2杯のユーカリオイル+1カップのぬるま湯

 

2-4. ビタミンC

 

tea-with-lemon-783352_640

ビタミンCは何世紀にもわたって、歯茎の腫れ、出血、退縮に使われてきました。

サンフランシスコのカリフォルニア大学の14週間に及ぶ研究によれば、歯茎の出血はビタミンCの摂取によって軽減し、ビタミンCの摂取をやめると出血が増大することがわかりました。

 

 

 

 3. まとめ

 

英文からの抜粋は、歯茎の炎症に効果的なナチュラルな方法であることがわかります。

ここでは下がった歯茎をrepairするという表現が使われています。それが「下がった歯茎を修復させる」ということを意味するのか、または歯茎の炎症を抑えて「歯茎を下がらないように防ぐ」目的なのか、実際のところはわかりません。

 

しかしいずれにしても、歯茎の健康を保つナチュラルな方法であることは、間違いありません。

一度抜けてしまった髪の毛をふさふさに育毛することが難しいように、下がってしまった歯茎を元に戻すことは簡単なことではなさそうです…日頃から原因を除去して、予防することが一番ですね。