デンタルフロスの効率の良い使い方


 1.デンタルフロスを使う理由

歯磨きだけでは落ちない汚れ

 

歯磨きだけで、済ませていませんか?実は、歯磨きだけでは汚れは落ちません。

歯と歯の間には、食べかすが詰まってしまっています。歯の歯の間の虫歯が、できる原因のひとつです。歯と歯の間の汚れを取り除くために、2つの方法があります。デンタルフロスと、歯間ブラシです。

デンタルフロスは、子供から大人まで使えます。しかし、次のような歯には適していません。

 

・ブリッジとよばれる被せ物をしている歯

・歯茎が下がって、隙間が大きい歯

 

このような場合は、歯間ブラシを使いましょう。

デンタルフロスは、はじめ慣れないうちは、とっても難しく感じて諦めてしまう人も多いのですが、慣れてしまえば大丈夫!さあ、動画をみて始めてみましょう。

 

 

 2.デンタルフロスの使い方

デンタルフロスを実際に使って、やってみましょう

 

この動画のように、理想的には一度に多めに、40cmほどデンタルフロスを使います。しかし、慣れてくれば中指にくくりつけなくてもできるようになるので、短くても大丈夫。汚れが落ちれば、問題ありません。

両側の歯に沿わせて、デンタルフロスを上下させることが大切です。前歯ができるようになったら、奥歯を試してみましょう。

 

 初心者の方へ

 

はじめての方には、デンタルフロスを円に結んで使う方法が簡単だということでしたね。Y字型フロスも、デンタルフロスに馴染めない方には、とっても使いやすいと思います。しかし、Y字型フロスは歯と歯の間に入れるときに力の調整が難しく、歯茎を傷つけてしまいやすいものです。気を付けて使いましょう。

 

デンタルフロスは、慣れてしまえば短時間で無意識的に使えるようになります。デンタルフロスを使う習慣が身に付くと、使わないことが気持ち悪く感じるほどになります。「歯ブラシだけでは、すっきりしない。」という感覚になります。

 

 

3.デンタルフロスの意外な使い方

デンタルフロスで虫歯と歯周病のチェック

 

 デンタルフロスの選び方

 

デンタルフロスには、ワックスありとワックスなしのタイプがあります。ワックスありは、なしに比べて歯と歯の間に通しやすくなっているので初心者にお勧めです。汚れ落ちは、ワックスなしの方が汚れが繊維に絡みやすいために効率が良いのが一般的です。

また、ワックスなしのタイプは歯と歯の間に虫歯があると裂けやすく、虫歯を見つけやすくなります。

 

香りつきのものも選択できます。しかし一般的には化学的なものですので、お気を付けください。歯と歯の間の虫歯の部分は、デンタルフロスを使って出てくる汚れが臭うこともあります。

(虫歯ではなくても、治療した場所に段差がある場合など、汚れがつきやすくデンタルフロスが裂け易いことがあります。そのような部分は汚れが溜まり、汚れが臭うことがあります。)

 

歯周病や歯茎に炎症がある部分も、デンタルフロスを使うと出血することがあります。

このように、デンタルフロスで虫歯や歯周病のチェックができます。

 

 

 デンタルフロスを使う頻度

 

デンタルフロスをいつ使うのか、歯磨き前、歯磨き後に意見が分かれます。歯磨き後、という歯科医師の先生もいますが、私は歯磨き前の使用を勧めています。ちゃんと歯磨きをした後に、デンタルフロスを使ったら食べかすがたくさん出てきた、というのは気分的にもすっきりしません。私は歯磨き前派です。

デンタルフロスは、寝る前の夕食後の歯磨きに、最低一日一回は使用しましょう。

 

ブリッジの被せ物がある方、歯と歯の隙間が大きい方、歯周病が気になる方は、歯間ブラシを使用してみてください。

 

 

4.お勧めのデンタルフロス

smart-floss-3-pack (2)

 

市販のデンタルフロスは、どれも同じというわけではありません。

例えば何気なく使っているワックスつきのデンタルフロス。そのほとんどは、石油化学系のワックスが使われています。また、香りも合成のもの。

お口に入れるものなので、その安全性には気を付けたいものです。

 

お勧めのデンタルフロスは、Made in Italy 、米国のDr.Tung’sのデンタルフロス・スマートフロス。

歯茎を傷つけることなく、やさしくしっかりと歯と歯の間の奥まで入り込み、すっきりと汚れを絡め取ってくれます。食べかすやプラークの取り残しを防ぎ、虫歯、歯周病、口臭予防に役立ちます。デンタルフロスを効率よく使うために、この商品は欠かせません。

 

Dr.Tung’sのデンタルフロス・スマートフロスの詳細は、こちらからご覧いただけます。Smart Floss デンタルフロス