歯とからだに3つの約束


オーラルケア製品から、健康と環境

 

1.毎日使うものだから、安全なものを

 

T’s Remy オーラルケアショップのオーラルケア商品は、日本の歯科医師が運営、ニュージーランドからお届けしています。

 

オーラルケア商品に、なぜナチュラル、オーガニックなのでしょうか?

 

一般的な歯磨き粉やマウスウォッシュなどは、万が一飲み込んでしまった場合、からだ良いとは思われない成分が含まれていることが多いものです。飲み込んでしまわないまでも、お口の中の粘膜は吸収しやすいと言われています。粘膜を通して入ったものは、血流にのって全身を巡ることになります。

それがたとえごく少量であっても、毎日使うもの。蓄積されていく可能性も否定できません。

 

私たちは毎日200以上もの化学物質を、からだに取り入れているといわれています。多くは、私たちの血流にそのまま直接吸収されているのです。最近の様々な研究が示しているように、「健康」にとって良くないものに違いありません。化学物質は、もうこれ以上・・いりません。

 

オーラルケア商品は、そのほとんどが化学物質でできています。

 

なぜ、そのようなことが起きてしまうのかといえば、オーラルケア製品はそもそも、飲み込むことを前提としていないからなのです。(当たり前ですね・・)主に化粧品に分類されているため、口の中に入れても安全という厳密な基準が、残念ながらありません。

 

「赤ちゃんに使っても大丈夫な歯磨き粉って、知ってる?」

 

そうよく聞かれて、正直困っていた経験があります。

小さな子供が、まだブクブクがちゃんとできなくて、上手に吐き出すことができないとき。寝たきりのお年寄りが、お口をゆすぐことができない、そんなときも・・・吐き出すことをしなくても、安心して使うことのできるオーラルケア商品は、世界中探しても、本当に数えるほどしかありません。

大変貴重な存在です。

 

 

2.「健康」を、お口の中から

 

最近の研究では、私たちは薬用植物に対する受容体をもっていることがわかっています。

私たちのからだは本能的にこれらの植物に反応をして、植物たちがもっている、回復、再生の力を受け入れることができるのです。ピュアな環境で育った植物は、私たちにとって薬用植物そのものです。

 

私たちは化学物質の薬剤のみから、効果が得られるわけではありません。ときに、急性症状があるときなどは化学物質の即効性が非常に有効なことはあります。私は、化学薬品を否定する立場にはありません。

しかし、それを長期間いつでも使って良いとは考えていません。使い方を誤れば、お口の中、からだ全体のバランスを崩す結果になりかねません。

 

私たちは、バランスの中で生きています。からだの中の良い菌も、悪い菌も、両方殺菌してしまっては意味がありません。植物の力は、このようなバランスを保つ上で、私たち本来の大切なはたらきを取り戻してくれることでしょう。

しっかりと、末永く、私たちの健康を守ってくれるものとして、植物たちの底力は、最近の研究によって科学的にも明らかになってきています。

 

 

3.自分の健康から、地球の環境を

 

私たちは、地球上の自然環境から恩恵を受けながら、生きています。そして、動物や植物など生き物と共存しながら生きています。

人間だけでは決して生きてはいけず、また他の生き物を害することで、それは巡り巡って自分たちに戻ってくることを身をもって体験します。

環境破壊によって川や海を汚染すれば、私たちが飲む水もやがて汚染されていきます。人間のからだは、成人では体重の60%が水でできています。胎児では約90%。水が汚染されれば私たちの血液も汚れていき、細胞の隅々まで行き渡るその血液がダメになれば体全体が病気になっていくことは、想像できます。

 

私たちだけでなく、その水を必要として生きている野菜、果物、魚、鶏、豚、牛も、すべて同じです。それらを食する私たちに、影響が及ばないわけがありません。

 

人間さえ、良ければいい。

病気さえ消えてなくなってくれれば、それでいい。

 

 

今、私たちは自分のからだを通して、私たちが住んでいるこの地球環境について、もっともっと想いをめぐらす必要性に迫られているのではないのでしょうか?

 

T’s Remy がお届けしたいのは、オーラルケア商品だけではありません。

毎日使うものだから、自分もまわりもキレイに、そして元気になっていってほしいと願っています。

 

「健康は、口から。」

 

さあ、毎日できることから、第一歩を始めていきましょう!!