Ozospa歯磨きパウダーとDr.Hisham’sセラム効果の比較


Dr.Hisham’s  Teeth Serum

 

Ozospa歯磨きパウダー発売中止の理由

 

Ozospa ナチュラルオーラルケアシリーズを日本の皆様へご紹介し始めて、間もなく2年がたちます。

多くのお客様にご利用いただき、嬉しいお便りをたくさんいだたいておりました。今回製造元から生産中止との報告を受け、「残念。」という声も聞かれましたが、メーカー側からのその理由を知り納得できるものでしたので、ここでお伝えいたします。

歯磨きパウダーは練りタイプの歯磨き粉とは異なり、添加物を入れる必要性がなく、より安心してお使いいただけるものでした。

使用する量も調整でき、一箱を個人で使えばずいぶん長持ちし、大変安全で経済的なものでした。一方、忙しい現代人にとって歯磨きパウダーを歯ブラシにつけるという作業は不便を伴うもので、また小分けで使用すれば問題なくても、そのまま家族が一緒に使えば、パウダーが着色し清潔感がなくなっていく等のデメリットも存在しました。

 

このたび新発売になったDr.Hisham’s Teeth Serum 「セラム」は、従来の一般的な市販の練り歯磨きとは異なり

飲み込んでも問題のない、食品基準で安全というOzospa製品のコンセプトはそのままに、より効果がパワーアップしたものになりました。まずは実験結果より、その効果を比較してみてください。

 

 

Ozospa歯磨きパウダー  Dr.Hisham’sセラム 実験結果

 

とても単純な実験結果のグラフです。簡単に説明させていただきます。

商品の抗菌テストです。

○ に示されているように、Dr.Hisham’s Teeth Serum92.7% と断然、抗筋力が高いことがわかります。

 

上のグラフは、37℃6時間培養された、試験管内での口腔内バイオフィルムの抑制率 % を表しています。テストされた商品の濃度は100%
6時間でのバイオフィルムの増殖をテストしています。

Ozopsa商品シリーズは、特にお口の中の爽やかさが持続するとの好評を得ていた通り、実験結果でも一般的な市販品の歯磨き粉やマウスウォッシュと比較して、6時間後の効果が持続していることがわかります。

 

クロルヘキシジン とは、医療用医薬品として、手術時の消毒や薬用先口液、虫歯予防、歯周治療などに一般的に用いられている消毒剤、抗菌剤のことです。化学的な薬剤です。

 

 

次のグラフは、37℃2時間培養された、試験管内での口腔内バイオフィルムの抑制率 % を表しています。テストされた商品は希釈されており、濃度は0.2%、2時間でのバイオフィルムの増殖をテストしています。

同様に に示されているように、Dr.Hisham’s Teeth Serum97.16% と断然、抗筋力が高いことがわかります。

 

Ozospaのデンタルパウダーは濃度が薄い場合、一般的な市販の歯磨き粉等と比較しても2時間後という短時間では効果があまり実感できない可能性がありました。

 

 

Dr.Hisham’s Teeth Serum 「歯磨きセラム」 をお勧めします。

 

このように、効果がパワーアップした「歯磨きセラム」は、大変お勧めできるものです。

Ozospa製品のコンセプトや成分はそのままに、引き続き安心してお使いいただけます。便利になった分、デメリットもあるのではないか?との思いで成分についても精査しましたが、問題はありません。Dr.Hisham’s Teeth Serum 安全な成分のみを使用

Dr.Hisham’s Teeth Serum 「セラム」には、2種類のタイプがあります。

 

ひとつは、赤ちゃんのための歯磨きセラム。Dr.Hisham’s Baby Teeth Serum

私自身、子供が生まれた当時 「赤ちゃんに安心して使える歯磨き粉がない・・」 と残念に思ったものでした。この商品の開発者Dr.Hishamと同年代の子供を持つ親として、大変に共感できます。彼はあれから15年以上の年月をかけて、自身の患者さんで臨床実験を行い、改良を加えながら今回やっと完成した自信作、「セラム」です。

是非安心して、赤ちゃんお子様にご使用ください。

少し強めの歯磨き粉の刺激が苦手な大人の方、また歯の知覚過敏ドライマウスでお悩みの方にもお勧めです。

 

さらにもうひとつのタイプは、大人用の歯磨きセラム。Dr.Hisham’s Vital Teeth Serum

Baby Serum よりも少し刺激があり、さっぱり感が多少異なりますが、成分はほとんど同じものです。安心して、ご使用ください。