Dr.Tung’s 舌クリーナー


 

Tongue Cleaner 舌クリーナー

「気持ち悪く」ならない舌クリーナー

 

口臭を防ぐ方法のひとつは、舌クリーナーを使うこと。

いくら歯がきれいに磨けていても、舌の上に舌苔などの汚れがびっしりついていたら口臭を防ぐことはできません。

 

しかし、今まで私には舌クリーナーを使いたくない理由がありました。とにかく、「気持ちが悪い」のです。

舌の奥の根本に器具を入れると、吐きそうになります。心地よくない行為は、長続きしません…世界ではじめて本格的な舌クリーナーが誕生したのは、1997年。米国ドクタータング社の舌クリーナーは瞬く間に全米そして世界に広がり、「舌磨き」をすることが一般的になりました。

 

日本では、舌クリーナーを使って舌磨きをする人はそれほど多くはありません。

その理由のひとつは、舌磨きをして舌をきれいに保つことが口臭を防ぐことになるという認識があまり定着していないから。汚れが多くついている舌の奥まで入れても「気持ち悪く」ならない舌クリーナーがあることを、知っている人が少ないのです。

 

 

世界で愛され続けている舌クリーナー

drtungs-tongue-cleaner

 

現在までに、100万個以上販売された人気商品、ドクタータングの舌クリーナー。

それは高品質のステンレスが形作るカーブが短時間に効率よく、細菌の塊の舌苔、プラークを取り除いてくれるから。

 

最近の研究では、口臭の原因菌を防ぐ最も良い方法は「舌磨き」であることが確認されています。

さらに舌クリーナーを使って舌磨きをすることによって味覚が改善され、舌の上のコーティングが取り除かれることによって舌苔がつく速度が遅くなります。

 

高品質のステンレスはプラスチック製のものとは異なりバクテリアを通さないので、舌の上で優しく心地よくご使用いただくことができます。(プラスチックのスプーンやフォークなどよりも、ステンレス製のものの方が好まれる理由と同じです。)

 

・ドクタータング・舌クリーナーの湾曲した形状は、力を正確に制御できるように設計されています。

・価格対効果に、大きなメリットがあります。

・やわらかく快適なグリップです。

 

ドクタータングの舌クリーナーは、世界中の歯科医師や衛生士から高く評価されています。

 

 

ドクタータング・舌クリーナーのご使用方法

 

1. 舌クリーナーを、心地よさを感じることのできる限界まで奥に入れます。

 

2. 両手で両側のグリップを持ちながら、舌の前の方へと滑らせて舌苔、プラークを擦り落とします。

 

3. 3~4回、繰り返します。使用後は、よくゆすぎます。

より効果的な結果を得るために、一日2回の使用をお勧めします。

 

*歯ブラシで舌磨きをするよりも5倍の効果があるといわれています。歯磨きは歯ブラシで、舌磨きは舌クリーナーを使って行いましょう。

 

Dr.Tung's 舌クリーナー
Dr.Tung's 舌クリーナー
気持ちよく、舌苔が落ちてくれます。
¥1,580.00